交通事故で起こりやすい「ムチ打ち」について | 静岡県浜松市南区新橋町 ひなうみ鍼灸整骨院

Blog記事一覧 > ムチ打ち,交通事故 > 交通事故で起こりやすい「ムチ打ち」について

交通事故で起こりやすい「ムチ打ち」について

2012.08.09 | Category: ムチ打ち,交通事故

スタッフ渡瀬です。

オリンピックも終盤戦になり、見逃せない試合だらけで寝不足気味な毎日です。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 

今回は交通事故に遭ってしまったときに良く起こる疾患である、

「ムチ打ち」

について書こうと思います。

 

「ムチ打ち」というのは交通事故の時に頚関節や腰関節が、衝撃で異常に伸ばされたり引っ張らたりする事により起こる疾患です。

事故後すぐ~数か月語に痛みや重み、関節の動きの制限だけでなく、めまいや頭痛なども引き起こします。

病院でレントゲンやMRIで検査をしても異常が見受けられないような位置の損傷が多く、発見しにくい場合も多いのですが、早い時期からの治療、リハビリが必要となってきます。

 

事故直後は精神が緊張状態にある為に脳内で鎮痛物質が放出されているので痛みを感じにくいですが、緊張状態がほぐれた後、事故後3日から1週間後に痛みが増強するケースが多いです。

また、事故の瞬間に身体に力が入る事により筋肉の硬直が起こり、その固さが関節の可動域を制限させることにより痛みを発生させる事も原因としてあります。

 

そのような症状を、ひなうみ鍼灸整骨院としては、一人一人の患者さんの状態に合わせて、マッサージや電気治療などその他鍼や灸で軽減していく治療を行っていきますので、お気軽にご相談ください。

 

当院へのアクセス

ひなうみ鍼灸整骨院

所在地〒432-8058 静岡県浜松市南区新橋町408-3
電話番号053-415-8751
駐車場8台
予約特に必要ございません
休診日火曜
院長新貝 篤司