RICE処置について | 静岡県浜松市南区新橋町 ひなうみ鍼灸整骨院

Blog記事一覧 > RICE処置 > RICE処置について

RICE処置について

2012.11.01 | Category: RICE処置

こんにちは、スタッフ大川です。

前回、急性外傷の時には「RICE処置」を行うと、外傷によって起きる炎症を必要最小限におさえ、

より早い回復をすることができるということをご紹介しましたが、今日はその具体的な内容について

書きたいと思います。

 

「Rest」

Rest とは安静を意味します。

運動を中止することで全身の血液循環を抑えて患部への血流量を減らすことで

局所的な安静を図るために行います。

 

「Ice」

Iceとは冷却を意味します。

患部を冷却することで、患部の過剰な炎症を抑えたり、熱感を抑えたりします。

 

「Compression」

Compressionとは圧迫を意味します。

圧迫は、損傷した細胞や毛細血管から細胞液や血液が漏れて起こる

内出血を抑える効果があります。

ただし、血管や神経を圧迫し過ぎないように注意しなければなりません。

 

「Elevation」

Elevationとは拳上を意味します。

患部を心臓より高く上げることで、物理的に患部への血流を緩やかにするため、

患部の内出血が抑えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記の4手技を行うことがRICE処置とされています。

それぞれの手技に効果がある為、全ての手技が行えない場合には、1つの手技を行うことでも

ある程度の効果が得られます。そのときの条件に合わせて1つでも多くの手技を行うことが大切です(^^)v

次は具体的にどのように処置を行うかについて書いていきます。

当院へのアクセス

ひなうみ鍼灸整骨院

所在地〒432-8058 静岡県浜松市南区新橋町408-3
電話番号053-415-8751
駐車場8台
予約特に必要ございません
休診日火曜
院長新貝 篤司